九州大学大学院 病態機能内科学(第二内科)

研究室紹介

糖尿病研究室

糖尿病研究室のホームページへ

 第2内科の糖尿病研究室の歴史は古く、昭和24年入局の平田幸正先生により始められました。平田先生(後の東京女子医科大学 初代糖尿病センター長)はインスリン自己免疫症候群(平田病)を九州大学で発見され、糖尿病診断時に今では全国で使用されているトレーランG®もここ九州大学で開発されました。また、平田先生は昭和44年に福岡での小児糖尿病サマーキャンプを始められましたが、糖尿病啓発・予防の中心的役割を果たしている日本糖尿病協会福岡県支部は現在も第2内科の糖尿病研究室にあります。我々第2内科の糖尿病研究室のメンバーは、「患者さんの訴えに耳を傾け、患者さんの意思に寄り添う医療を提供する(patient centered approach)」という平田先生の教えを脈々と受け継いでいます。

 糖尿病は内分泌代謝疾患であるとともに、全身に様々な合併症を来す疾患です。糖尿病の合併症と深い関わりのある脳循環、腎臓、高血圧・血管、消化器といった各研究室と綿密な連携が取りやすいのが、第2内科糖尿病研究室の魅力です。

 近年の高齢化、生活習慣の変化で糖尿病は急速に増加し、その合併症とともに社会的な問題となっていますが、一方で、糖尿病専門医はわずか4500人と不足しています。今後も、「臨床の2内科」ならではの全身のマネジメントができる糖尿病専門医を精力的に輩出し、日本の糖尿病医療をリードする研究室であり続けたいと思います。

文責:中村宇大

紹介動画

  • 医学生・研修医の方へ
  • 研究室紹介
    • 消化器研究室
    • 脳循環研究室
    • 高血圧・血管研究室
    • 腎臓研究室
    • 糖尿病研究室
    • 内分泌研究室
    • 肝臓研究室
    • 久山町研究室
  • 関連病院・協力病院
  • 九州大学病院
  • 九州
大学医学部大医学院医学系学府大学院医学研究院

pagetop

Copy Right © 2015 Second Depertment of Internal Medicine Kyushu Univercity Hospital