九州大学大学院 病態機能内科学(第二内科)

研究室紹介

糖尿病研究室

糖尿病研究室のホームページへ

 第2内科の糖尿病研究室は、60年以上の歴史を有する研究室です。インスリン自己免疫症候群(平田病)の発見者であり、ブドウ糖負荷試験時に使用するトレーランG®の開発、福岡小児糖尿病サマーキャンプの立ち上げ等で多くの偉業を成し遂げられた平田幸正先生(昭和24年入局、東京女子医科大学 初代糖尿病センター長)が創設されました。日本糖尿病協会福岡県支部は第2内科にあり、福岡県の糖尿病啓発・予防の中心的役割を果たしています。

 糖尿病は内分泌代謝疾患であるとともに、全身に様々な合併症を来す疾患です。糖尿病の合併症と深く関わる脳循環、腎臓、高血圧・血管、消化器、各研究室と綿密な連携が取りやすいのが、第2内科糖尿病研究室の強みの一つであり、「糖尿病を中心とした全身のマネジメントができる総合内科医」の育成に力を入れています。

 初期研修後の進路として、九大病院をはじめ、福岡市内や筑後、北九州に充実した後期研修病院群を数多く有しています。経験豊富な指導医を多数有する基幹病院をローテ―トすることで、専門性を高めながらも、総合内科医としての臨床力も身に付けることができます。糖尿病専門医はもちろん、総合内科専門医の取得まで、指導医のサポートのもとに研修することが可能です。

 また、当研究室は多様化する女性医師のライフプランに沿った勤務形態を提供しています。急性期病院での診療、慢性期病院での診療、糖尿病専門クリニックでの勤務、大学での研究など、幅広い勤務スタイルを利用し、産後も活躍する女性医師が増加しています。

 近年の高齢化、生活習慣の変化で糖尿病は急速に増加し、その合併症とともに社会的な問題となっていますが、一方で、糖尿病専門医はわずか4500人と不足しています。今後も、「臨床の2内科」ならではの糖尿病専門医を精力的に輩出し、日本の糖尿病医療をリードする研究室であり続けたいと思います。

文責:中村宇大

  • 医学生・研修医の方へ
  • 研究室紹介
    • 消化器研究室
    • 脳循環研究室
    • 高血圧・血管研究室
    • 腎臓研究室
    • 糖尿病研究室
    • 内分泌研究室
    • 肝臓研究室
    • 久山町研究室
  • 関連病院・協力病院
  • 九州大学病院
  • 九州
大学医学部大医学院医学系学府大学院医学研究院

pagetop

Copy Right © 2015 Second Depertment of Internal Medicine Kyushu Univercity Hospital