九州大学大学院 病態機能内科学(第二内科)

研究室紹介

久山町研究室

久山町研究室のホームページへ

当教室では、1961年から、福岡市に隣接した糟屋郡久山町(人口約8,400人)の住民を対象に脳卒中、心血管疾患などの疫学調査を行っています。久山町住民は全国平均とほぼ同じ年齢・職業分布を持っており、偏りのほとんどない平均的な日本人集団です。研究の発端は、日本の死亡統計の信憑性に疑問が投げかけられたことにあります。当時、脳卒中はわが国の死因の第1位を占めていました。なかでも、脳出血による死亡率が脳梗塞の12.4倍と欧米に比べて著しく高く、欧米の研究者からは「誤診ではないか」との声が上がりました。しかし、それを検証するための科学的なデータがありませんでした。そこで日本人の脳卒中の実態解明を目的として始まったのが久山町研究です。

1961年から追跡を開始した第1集団(剖検率80%)の初期のデータでは、脳出血による死亡率は脳梗塞のわずか1.1倍。死亡診断書に病型診断の誤りが数多く含まれていたであろうことを、剖検という科学的な手法で証明ました

久山町研究の最大の特徴は、この剖検率の高さにあります。正確な死因を知るという点において、剖検以上に正確な診断方法はありません。追跡調査の精度も高いことも特徴です。これまでに行方不明となった対象者は数例に過ぎず、追跡率は99%以上です。また、久山町研究では40歳以上の住民を5年ごとに集団に新しく加えているため、生活習慣の移り変わりの影響や、危険因子の変遷をもうかがい知ることができます。

最近では、九州大学病態機能内科学のみならず、九州大学環境医学分野、附属総合コホートセンター、精神科神経科、心療内科、循環器内科、呼吸器科、眼科、予防歯科、健康科学センターなどから大学院生や若手研究者が集まり、研究テーマが生活習慣病全体に広がっています。久山町研究は、臨床と疫学の両方を俯瞰できる幅広い視野を持つ人材を育てるユニークな疫学研究でもあります。さらに、2002年に、従来の環境因子に遺伝子解析(SNPs)を加えた生活習慣病のゲノム疫学がわが国で初めて開始され、成果をあげています。また、ハワイのクアキニヘルスセンターやシドニー大学のジョージ国際保健研究所と学術交流協定を結び、国際共同研究を推進しています。

  • 医学生・研修医の方へ
  • 研究室紹介
    • 消化器研究室
    • 脳循環研究室
    • 高血圧・血管研究室
    • 腎臓研究室
    • 糖尿病研究室
    • 内分泌研究室
    • 肝臓研究室
    • 久山町研究室
  • 関連病院・協力病院
  • 九州大学病院
  • 九州
大学医学部大医学院医学系学府大学院医学研究院

pagetop

Copy Right © 2015 Second Depertment of Internal Medicine Kyushu Univercity Hospital