患者様へFOR PATIENT

臨床研究のご案内

現在、当研究室で行われている臨床研究です

1.福岡脳卒中データベース登録研究(FSR)


発症7日以内の急性期脳卒中患者対象の登録研究です。脳卒中の実態を明らかにする研究です。前向き登録研究では、2007年から2019年まで12年間にわたり約17000例を登録しています。後ろ向き研究は1999年からデータを収集しています。 【公開資料(FSR)

2.REBIOS研究(登録終了)


「脳梗塞おけるバイオマーカーの探索、解析に関する共同研究(REBIOS)」は、脳梗塞の診断や治療に有用なバイオマーカーを発見する研究です。

3.VREBIOS研究(登録終了)


「脳梗塞におけるバイオマーカーの検証に関する共同研究(VREBIOS)」は、脳梗塞の診断や治療に有用なバイオマーカーを、より多く症例で検証する研究です。

4.REBIOS2研究(登録終了)


「脳梗塞におけるバイオマーカーの探索、解析に関する共同研究2(REBIOS2)」は、先行するREBIOS研究に引き続く研究で、脳梗塞との鑑別に苦慮する「めまい」の患者さんを対象としています。脳梗塞とめまいの鑑別にバイオマーカーが有用な診断となるのか、検証する研究です。

5.若年性脳卒中の発症要因ならびに長期予後に関する研究


50歳未満の若年性脳卒中を対象として、その病態や長期予後について明らかにする研究です。 【公開資料(GOAL)

6.新規物質Xを含む新規脳梗塞バイオマーカーの有用性に関する研究


先行するREBIOS研究の二次利用となる研究で、REBIOS研究の患者さんを対象としています。新規物質Xの脳梗塞の新規バイオマーカーとしての有用性を検証する研究です。 【公開資料(新規物質X)

7.脳梗塞の診断・治療における血液凝固マーカー、血小板マーカーの有効性に関する研究


先行するREBIOS研究の二次利用となる研究で、REBIOS研究の患者さんを対象としています。脳梗塞の診断・治療に有用な血液マーカーを探索し、その有効性をを検証する研究です。 【公開資料(抗血栓薬バイオマーカー)